気になる料金プラン

開脚して座っている

ピンクコンパニオンと遊ぶ際の料金ですが、プランや内容によって様々です。料金の計算式が非常にややこしいので、今回は計算方法を紹介します。
ピンクコンパニオンを呼ぶ際に必要な料金は「こちらの人数とコンパニオン人数の比率」で決まります。ここではとあるホテルの料金を例に計算して見ます。たとえばこちらが5人に対し、コンパニオンを1人呼んだ場合の料金が2万円とします。ちなみにこの2万円とは1人につき2万円なので、計10万円かかることになります。この旅館でこちらが4人に対してコンパニオンを1人呼ぶと、料金は1人当たりで21000円となり、5:1の場合より千円割高になります。もし仮に5人組が5人のコンパニオンを呼んだ場合は3万5千円が人数分で、合計は17万5千円です。このようにコンパニオンの比率があがれば料金も上がるといった具合です。1人当たりを安くしたい場合は少ない人数で呼ぶといいでしょう。実際の予算を旅館側に相談しながら決めるのが良いかと思います。
ピンクコンパニオンと遊ぶ際は上記のプラン料金以外に、チップを渡す男性が多いです。チップは料金プラン外で、直接コンパニオンの懐に入りますので、チップを出すとサービスが過激になることは間違いありません。チップの金額次第では最後までいけたという体験談もありますので、いい子が居たら惜しまないほうが良いでしょう。
以上のように、ピンクコンパニオンと遊ぶ際はある程度の料金を見ておいた方が良いです。逆に言えば、この金額で非日常感溢れるプレイが楽しめますので、利用の際は奮発することをオススメします。

このエントリーをはてなブックマークに追加