楽しむコツ

顎に手を置いている

実際にコンパニオンを呼ぶ方法ですが、まず大前提として、呼べる旅館と呼べない旅館がはっきりと決まっています。必ず呼べる旅館かを確認しましょう。これはコンパニオンを呼ばない場合も重要です。お子様連れでの家族旅行でこういった旅館を選んでしまうと大変です。ホームページの内容を必ず確認しましょう。
コンパニオンが呼べる旅館であれば、コンパニオン付きの料金プランが掲載されているかと思います。金額やコンパニオンのコスチュームなどは千差万別なので、自分に合った旅館を吟味すると良いでしょう。不安な点は旅館に確認すると安心です。また女の子の好みや、やりたいゲームなども伝えると優遇してくれる場合があるそうなので、恥ずかしがらずに伝えることが大切です。
事前に予約するとコンパニオンが宴会場に来てくれて、そこからは楽しい時間の始まりです。楽しむためのコツは、「コンパニオンと仲良くなること」と「強気でせっすること」の二点です。仲良くならないと一緒に盛り上がることも出来ないので、サービスは期待できません。かといって優しく接しすぎると、女の子は吹くも脱がない可能性があります。優しく接しつつも、要求はきちんと伝えることが楽しむコツと言えるでしょう。
コンパニオンを呼んで遊ぶことはお金もかかっていますし、あまり頻繁に出来ることではありません。恥ずかしがっていてはせっかくのお金ももったいないです。遊ぶからには最大限に楽しめるように、気合をいれて臨みましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加